大平興産株式会社
会社情報 施設について 業務一覧 ディスクロージャー サイトマップ ホーム
施設について
産業廃棄物第一処分場
産業廃棄物第二処分場
産業廃棄物第三処分場
一般廃棄物最終処分場
浸出水処理施設
地表水処理施設
収集運搬車両等関係施設
産業廃棄物第一処分場/大塚山処分場
第一処分場では、すでに産業廃棄物の埋立が完了し、谷状の地形から広大な平地へと姿を変えています。しかしながら、廃棄物の無機化(安定化)が進行中であるため、微弱ではありますがメタンガス等が発生しています。このため、埋立完了後も安定化が完了するまで、継続的に管理を行う必要があります。さらに重要なのが、浸出水の処理です。廃棄物から浸出した水による環境への影響を防ぐために、大塚山処分場では大規模な浸出水処理施設を設け、千葉県の定める水質基準に適合するよう浸出水を処理した後、放流しています。
埋立開始 昭和60年4月
埋立完了 平成4年8月
埋立地の面積 50,028m2
埋立地の容積 707,587m3

第一処分場
第一処分場
このページのトップへ
ご利用について プライバシーポリシー お問い合わせ
COPYRIGHT TAIHEIKOUSAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.