大平興産株式会社
会社情報 施設について 業務一覧 ディスクロージャー サイトマップ ホーム
施設について
産業廃棄物第一処分場
産業廃棄物第二処分場
産業廃棄物第三処分場
一般廃棄物最終処分場
浸出水処理施設
地表水処理施設
収集運搬車両等関係施設
浸出水処理施設/大塚山処分場
絶対に二次公害を発生させないためには、浸出水の完璧な処理が必要です。当処分場の浸出水処理施設は第一処分場で埋立を開始した昭和60年4月より稼動を開始して、平成3年と平成17年には設備を最新のものに更新。以降当社の知識・技術の総力を傾注した管理の下で、埋立物の種類と量、降雨量や気温等の自然状況によって日々変化する浸出水を、完全に処理することが可能な、業界最高レベルの施設となっています。
処理方法
前処理 生物処理による脱窒素(制限曝気式バイオスロン)
一次処理 生物処理によるBOD除去、脱窒素 (制限曝気式バイオスロン)
二次処理 酸性擬集沈澱、CODフェントン酸化法、アルカリ擬集沈澱
三次処理 濾過、活性炭吸着
処理能力 820m3/日(最高負荷時)
付帯設備 浸出水集水管、集水槽、貯溜槽
処理プラント全景 処理後と処理前の水
処理プラント全景 処理後と処理前の水
このページのトップへ
ご利用について プライバシーポリシー お問い合わせ
COPYRIGHT TAIHEIKOUSAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.